MARKETING BLOG

日韓両国の仕返し合戦に物申す<25歳の本音ver.>

  • LINEで送る

大人の喧嘩に子供を巻き込むのはやめて下さい

 

日韓関係悪化、過去最悪の日韓関係、日韓対立…
お祭り騒ぎのように連日ニュースで飛び交う日韓関係悪化の話題ですが、声を大にして言いたい、いや、特大メガホンで音量を最大にして言いたいことがある。

大人の喧嘩に子供を巻き込むのはやめて下さい!!!!!
というか、自分で売ったり買ったりした喧嘩は自分達でどうにかして下さい!!!!!

まず語弊のないように説明しますが、ここで言う「大人」と「子供」の定義は単に「成人」と「未成年」ではありません。

 

「大人」「子供」とは

「大人」とはを背負い動かしている世代、「子供」とは未来を背負い動かしていく準備をしている世代のことです。
家庭に置き換えて説明するなら、「大人」は祖父母や父母、「子供」はその子供や孫のこと。

筆者の個人的な体験を例に挙げると、隣の家のAちゃんと筆者は家の近さもあって毎日遊ぶ程の仲良しだったのですが、親同士の些細な揉め事でAちゃんと遊べなくなったことがあります。原因はAちゃんの母親が「筆者とは遊ばないで他の子と遊びなさい」と厳しく言いつけたからでした。それを知った筆者の父母の行動が今でも鮮明に記憶に残っています。

「大人の喧嘩に子供を巻き込むのはやめましょうよ」
「しょうもない大人のプライドで子供達の友達まで奪うのはやめましょうよ」

私は両親の言葉が、行動が誇らしかったです。私もそんな大人になりたいと思いました。

最近の日韓関係で見るとどうでしょうか?

正直、日韓双方の歴史的問題・政治的問題でやり合うのは別にいいんです。だって政府ってそれが仕事なんでしょ?未だに解決できてない歴史的問題や政治的問題についてやり合うのが政府の仕事なんでしょ?

どうぞ勝手にやって下さい。

というより、私たちの世代では周辺国との喧嘩よりも、周辺国と交流・協力してより良い世の中にすることに全力を注げるようにしておいてください。というのが本音というより願いです。
だって今のギクシャクした関係つくったのは私たちではないですから。

この状況で韓国?ニュース見てる?−え、逆にニュースしか見てないの?

連日の日韓関係悪化の報道のせいか、以前にも増してニュースしか見てない「大人」の余計なお世話が目につくようになりました。

「今の時期に韓国旅行なんて危ないんじゃないの?」
「日本人が行ったら危害加えられるんじゃないの?」
「日本人にはみんな冷たくされるんじゃないの?」
「ニュース見たほうがいいよ、今の状況わかってる?」

ちょっと外野は黙ってもらっていいですか?
ニュース見たほうがいい?え、逆にニュースしか見てないのはどうなんですか?

こちとら韓国語能力試験6級に・ハングル検定1級まで取得して、5年以上前から少なめに見積もって30回以上韓国に行ってる上に、日本語韓国語の2ヶ国語で情報収集してるんですよ。自国の情報、それもニュースしか見てない「大人」に簡単に語って欲しくないわけですよ。

日韓の若者が実際にどんな感じで交流してるか知ってますか?
現地の実情、直接確かめたことありますか?

日韓カップルで溢れる時代

若者に人気のSNSであるInstagram(インスタグラム)で「日韓」というキーワードを検索するとどんなハッシュタグが候補に出てくるか知ってますか?

 

 

ネットニュースで「日韓」と打つと「日韓問題」「日韓問題悪化」という候補が出てくるのに対し、若者の活動場所Instagramで「日韓」と打つと上から「#日韓カップル(171,348件)」「#日韓(338,605件)」「#日韓夫婦(154,059件)」というハッシュタグが出てきます。

そんな筆者もいわゆる日韓カップルで、不買運動だの日韓関係悪化だのニュース祭りの中、筆者の恋人(韓国人)は6月・7月の2ヶ月間で5回も福岡に来ました。そんな彼はヨドバシカメラで購入したメイドインジャパンのセイコーの腕時計を嬉しそうに毎日着けて出勤しています。

日韓関係がどうとか、韓国は危ないぞとか言ってる「大人」よりも「#日韓カップル」付けてInstagramに両国でのデート写真投稿してるような若者たちの方が実情わかってるし、理性的な対話・交流ができてるんですよね。

Twitterで広がる「好きです_日本」「好きです_韓国」vs「嫌いです_韓国」

日韓両国でも報道されたTwitterユーザーで広まっている「好きです_日本」「好きです_韓国」というハッシュタグ。それに対抗するように日本ユーザーによる「嫌いです_韓国」というハッシュタグも出現しましたが、「好きです_日本」「好きです_韓国」と「嫌いです_韓国」ハッシュタグの内容の違いはなんだか分かりますか?実際のツイッター投稿で比べてみましょう。

 

 

実際に韓国に行って見て・聞いて・体験した「体験談」を投稿している「好きです_韓国」ハッシュタグに対して、「嫌いです_韓国」ハッシュタグはニュースやネットという他者からの情報ばかり。

もちろん、ニュースやネットの情報が全て間違っているわけではないでしょう。記者が実際に見て・聞いて・体験した事実を伝えている情報も多いでしょう。ただ、それが全てではないということを知っておくべきだと思います。

国旗を踏みつけたり、政治家の顔写真を燃やしたり、ヘイトスピーチをするような過激な層は日本にも韓国にも一定数常に存在します。その一部の層が全てかのように報道するマスコミ、そしてそのマスコミの情報をそのまま鵜呑みにする人、これでいいのでしょうか?

ダメでしょ!

大人同士、国同士で仕返し合戦なんて、アホらしくないですか?

両国の大人たちが報復だなんだって次から次へとドヤ顔でアイテム出してるみたいですが、それは本当に国民のため?国のため?
本当に国・国民のためを思っているなら、政治家総動員して仕返し作戦なんてやってる暇ないと思うんですけどね。もっと他に未来のためにすべきことがあると思うんですけどね。

 

未来のための行動とは

Twitterで見つけたこの活動、仕返し合戦に忙しい大人たちを反面教師にするかのように、こんな素敵で有意義なことをしている「子供」もいるんです。私たちの未来を荒らさないでください。これ以上がっかりさせないでください。

以上、両国の未来を本気で考える25歳の独り言でした。

  • LINEで送る

コメントを残す

*