東海という町

  • LINEで送る

たいしたネタもないので、書こうかどうしようか迷いましたが、訪れた町についても
書いてみることにしました。
海沿いに釜山から北上して、5時間30分。。。
2005.08tonghae05.jpg
途中にバイパス道路すらないとこもあり、
かなりきついカーブを、バスの運ちゃんはガンガン攻めまくって進んでいました。
2005.08tonghae06.jpg
海沿いであるせいか、驚いたのは福岡のAM局ラジオがどちらも受信できたこと。
それも音質はかなりクリア。番組の質は相変わらず。
トンチンカンな日本語はエリア内どころか国境を越えて、日本海一帯にばら撒かれています。
つまらんことを書いてしまった。
で、街中での食の話ですが。
海沿いの町ですので、海産物を食べたのでしょうと思われがちですが
そこは、町の特徴よりも単なる食い意地を優先させたほうが、「旅」らしいものでして。
初日は牛のカルビ。2日目には豚のカルビとばら肉をむさぼりました。
相変わらずウマい。舌鼓を打ちまくったのは当たり前でして、それぞれ目の前の炭火コンロに
無造作に置かれるブットイ肉の大きさが持つ迫力、さらにはそこから湧き出る香りの
虜となりましたのです。いやいや。
飯の話はこれくらいにして。
町の観光資源は「自然」のみ。
「どこか観光名勝はありますか?」とホテルのオッパに尋ねたところで、
「海水浴場」とか
「鍾乳洞」とか
「滝」とか言いやがる。
アカデミックな場所はない。
それが街の特徴かもしれませんが、確かに。
で。
人々はそれぞれ、穏やかでとても優しい。
住んでたり、滞在したりするだけで、愛着が湧いてくるかもしれません。
知っていたはずの「韓国」という国の中にも
知らない場所や地域の風習など、いろいろあるもんや。
まぁ町の名前すら、行く直前まで町の名前すら知らなかった東海市。
こうやって訪れた人が少しずつ少しずつ、その町を薦めることで。。。
訪れる人は増えるとは思えないな。そこまで魅力はないもんね。


それにしても。
行った数日間は、ずーっと雨。
やられました。またもや。。。
雨男とは、ここまで雨天にたたられ続けんといかんとかいな?
だんだん洒落にならなくなっているんじゃないかいな?
うーん。リフレッシュした気に今ひとつなれなかったのは
ひょっとして天候が関係していないかな?

  • LINEで送る

コメントを残す

*