asia情報・インバウンド情報

書評|藤野先生

  • LINEで送る
阿Q正伝・藤野先生 (講談社文芸文庫)
魯迅
講談社
売り上げランキング: 223,438

「藤野先生」と聞いて、わかる人がどのくらいいるでしょう?僕は、ホント偶然ですが大学時代に読んだからこそ、わかったのです。
「藤野先生」とは阿Q正伝を書いた、魯迅の代表作のひとつです。

実は先日、中国関係に強い、永池克明先生と一献交わした際に突如この「藤野先生」の話になったのです。

あらすじを話すと…

「収められている「藤野先生」は、魯迅の仙台医学専門学校(現東北大医学部)留学時代のことを扱っている。(中略)魯迅は自分が出会ったもっとも偉大な師であると述べている。中国に帰っても、その惜別の念をこめて藤野先生がくれた写真を見るたびに、良心と勇気が甦ったという。いかに魯迅の敬愛の念が深いものであったかがうかがえよう。 (魯迅のランキングより抜粋)

このあらすじを見てもわかるように、当時弱小の国(と魯迅自らが言っていた)中国から赴いた一留学生に、ここまで親身に接してくれた先生はいなかった。という思いと感謝が延々とつづられているのです。

ふるさとを離れて、遠い異国で物事を学ぶ人にとって、不安はさまざまなところから出てくるものです。そんな状況において、真摯にお世話をする人…つまりメンターですな。この存在は本当に大きいことでしょうね。

さて、このとき僕に「藤野先生」の話をしてくれた永池先生がこういいました。

『藤野先生』のことは、中国人なら誰でも知っていますよ。

なぜなんでしょうか??僕は今回初めて知ったことがあります。実はこの「藤野先生」、中国の中学校の教科書に必録の教材だそうで、どの教科書にも絶対に載っているそうな。

藤野先生が添削した魯迅のノートも、中国で国宝にあたる扱いを受けているそうで、中国における反日教育の権化、江沢民も来日した際には、魯迅が講義を受けていた机に感慨深げに坐ったそうです。

つまり。
中国人は「親身に接してくれた尊敬すべき人間」を教科書で紹介し、それがたまたま日本人だったことを、中国は国を挙げて伝えているのです。

これは驚きでした。本当にびっくりしました。

ちょっとした習慣の違いや、言動・行動でその「国」を否定する、非難するのはやはり愚かなことなんでしょうね。非難されるべきは「人」なんでしょう。本や新聞程度しかマスメディアがない時代でも、紹介された国境を越えた人間像。ネット全盛期の今であっても、こうやって初めて知る人間像。15年前に読んだ本の真実を、ようやっと初めて知った僕には汗顔の至りでした。この瞬間は…。

  • LINEで送る

コメント

  1. きょ090 5447 2188かき より:

    藤野先生中描いた事はもう100年も前の事だけど、
    でも、今よんでも、とても感動です、鲁迅と藤野先生の絆本当に深い、羨ましい、何故か、私もあの
    時代に行きたいぐらいと言う気持ちです、私も藤野さんの学生となりたいの気分デス、本当に藤野先生は素晴らしいひとです、尊敬です!

  2. きょ かき より:

    藤野先生大好き!

Comments are closed.