爆弾酒

  • LINEで送る

きょうは大事な酒宴がございました。
かつて韓国・プサンへ短期語学留学に行った際、お世話になった李教授が
福岡にお越しになり、「飲むべ」という話になったわけです。
夕刻、先生の宿泊先のホテルへ迎えに行き、いきつけの店へ。
そこへ、スペシャルゲストがやってきました。
韓国の文化庁(だったかな?)の次官である「権(クォン)先生」という方です。
御歳47歳くらい(だったかな?)→すべて酔いちくれてよく覚えていない。
李先生曰く、日ごろは大変重要なポストでのお仕事をされており、まぁそうそうハメをはずして
飲みに行くこともないそうでして。。。故に、この日はハジけておられましたよ。
この日の飲み会メンバーは李先生、権先生のほか、秋口に予定している
韓国語落語会inプサンの打ち合わせを兼ねていたので、内浜落語会の
粗忽家勘朝師匠はじめ、勘々、勘珍、勘遊、さらには勘朝師匠のご一家などなど。
普通に見ても、へべれけ必至メンバーですな。
で、おもむろに始まったのが。。。
폭탄주
爆弾酒と書いてあり、「ポクタンジュ」と読みます。しびれたね。
焼酎グラスに注がれたビール。その上に箸を一膳置き、
さらにお箸の上には、焼酎をなみなみ注いだお猪口。この時点で何が起こるか想像は容易。
焼酎入りのお猪口をビールの中にいれ、一緒に一気飲み。飲み干したらグラスを振って
お猪口をカラカラ鳴らす。これでひととおりの儀式が終る。これをメンバーで回しのみ。
そして(韓国ではVIPであるはずの)権(クォン)先生は、「爆弾酒には様々な種類がある」と言うので
それを拝聴・拝見した。すると。
●ワールドカップ爆弾酒・・・ お箸を足で蹴飛ばし、焼酎入りのお猪口をビールに入れ、飲む。
wcbakudan.jpg
↑↑↑ あまりの早業に写真もこんな感じ。。。(^^)ゞ
(唖然。。。学生のノリやな。)
→で、以下はすべてお箸のふっ飛ばし方の違いのみ。
●空手爆弾酒・・・ 徒手にてお猪口をビールに。。。そして一気飲み。
●ヘディング爆弾酒・・・ グラスを置いている机を頭突き。その振動でお猪口をビールに。。。
それぞれのパフォーマンスを権先生はすべてやってくれた。爆笑の連続。
そして僕にもご使命が。。。
●忠誠爆弾酒・・・まぁとにかくいち早く一気飲みをするわけですけど、飲み干したら
「忠誠」と叫んで敬礼。
韓国の戦争映画を見た方なら知っていると思いますが、韓国の国軍は敬礼の際、
「忠誠(충성)!」「必勝(필승)!」と叫びます。その辺のギャグが織り交ざっているのです。
まぁつまりはこれら爆弾酒の習慣は大韓民国の国軍内の習慣なわけですよ。
軍隊のノリ、すなわち超体育会系のノリが韓国人の飲み方であるのね。
こうやってバカしながら、お互い「あんたたちゃ、アホちゃうか?!」と叫びあう。
気兼ねないバカな飲み方をする、この姿って、
実は国際交流の真の姿というか理想的な姿じゃないかな?と一方で思ったのでした。
まるで別の人種の子どもたちが、純粋な気持ちで一緒に遊べるみたいに。。。
とはいえ。しょっちゅう爆弾酒で国際交流したら実が持たんな、実際。。。


ちなみに。
日本以上に韓国では公私ともに、人間関係が重要視されます。
極端な言い方をすれば、人脈やコネで曲がらぬ話も簡単に曲がり
決まらぬ話も、スッっと決まる。。。そんなもんです。
韓国企業がスポンサーとなって、福岡の放送局でCMを打つ。
それが当たり前になってほしいものです。
その魁になれればいいのですが。。。

  • LINEで送る

コメント

  1. 歌のおねえさん より:

    いつもながら、本当に、よく仕事するねえ。えらい!ここを読むと、本当にこういう形で、電波という媒体を使っているけど、自然に人と人が交流できる場を、作っているよね。いっぺいちゃん、えらい!
    今度、アジアでいろいろやりたいと思っている若い人たちに、紹介させてくださいね。
    応援してます!あと、スポンサー獲得もね!

コメントを残す

*