毎度の症状 毎度の治療

  • LINEで送る

実はこの1週間は、いわば最悪のコンディション。
前々から、どうも喉の調子が芳しくなく、いがらっぽいような咳がたびたび出ておりました。
夜な夜な、くたばっては寝、くたばっては寝、数日の間HPへの日記も
ネタだけメモって、書かずじまいでしたよ。。やれやれ。
で、これは、何の兆候か?
実はいつものことでして。
疲労が溜まったり、調子が悪くなったりして、体にガタが来ると、まずもって最初に
喉と鼻をやられてしまいます。イガイガして、飲み込むと痛みを感じます。
で、こいつをほったらかしにしておくと、鼻づまりが起こり、すかさず頭痛。
これでさらに悪くなると、胃の痛み、腹痛。。。っちゅう感じ。
最近は喉と鼻をやられると、すかさず病院に駆け込むことにしています。
しかしながら忙しさにかまけてしまいまして
今回はかなり悪化してからの駆け込みだったのですが。。。
いつも処方してもらうのは。。。
・風邪薬
・せきどめ
・抗生物質(喉の痛みをひかせる効果があるとか)
ホホイノホイで、あっという間に問診~処方が完了です。
問診をしても、ほとんど毎回症状が同じなので、必然的に処方される薬も同じ。
ところで。
不摂生から毎回毎回同じ症状を出してしまう、こちらもこちらで悪いのですが、
最近とくに感じるのは。。。
「毎回同じ症状、同じ手間で、毎回同じ受診料って、ちょっと解せんな・・・」ということ。
毎回1,000円ちょっと取られます。
健康保険の補填を含むと、病院には3333円も入るのか・・・
ちなみに薬代は1,000円弱。
応対したのはおよそ3分。時給じゃなくて分給にして1,111円かよ。
っちゅうことは1,111×60で医者の仕事の時給って66,660円なのか?!
って、勘ぐったら医者の友人からお叱りを受けてしまいそう。
本当はもっとハードやもんね、医者の仕事って。いやいや。体調悪いと他人の懐が気になるのよ。


ちなみに。
最近は薬の処方をしてもらうとき、
「きょうの薬は●●●という薬だよ」という紙を必ずもらいます。
こいつは、なかなかありがたいですな。
さすがに薬の名前までは毎回覚えませんが
視覚や症状で、なんとなくではありますが
以前と同じか違うかを把握することができます。
それだけ、治療の情報への要求が患者側から強くなったんでしょうね。
まぁ安心ですけど。あとは患者が正しく薬を飲めばいいのですけど。

  • LINEで送る

コメント

  1. sakura より:

    そのありがた~いお薬の紙も、実はちゃんと負担金とられてるんですよ。100円ですけどね。

sakura にコメントする コメントをキャンセル

*