頭が良くなる飲み会

  • LINEで送る

かなり前の話ですが、自分の両親とさほど変わらぬ年齢の方々と
一献傾ける機会がございました。
一方は、元商社マン。海外赴任の経験も長く、博識。
もう一方は地元の会社の社長さんで、同じく博識。
両者とも僕の大学のずーっと上の大先輩にあたる方で、かなり緊張する場面ではありますが
非常に楽しく話をさせてもらいました。
で、
こういう方々と飲むと、「頭が良くなる」気分に陥ります。
つまり、あまりにもさまざまな話題になり、その中でも知らないことばかりなため
一瞬一瞬に驚きが発生し、初めて知った話題だらけで
まるで自分が博識になったかのような錯覚に陥るわけですよ。
ところが。
まぁえてしてこういうときは、酔いちくれているもんで
翌日目が覚めると、幻のごとく、さーっと忘れているもんです。
「僕は頭が良くなってたはずなのにぃ~」と
馬鹿丸出しな顔をして、目覚めるのです。
こういう失敗を何度か繰り返すうち、僕は失礼ながらも飲み会の最中に
メモを取るようになりました。
ということで。
さっきのその飲み会で、初めて知った知識をひとつご紹介。
それは。
「ウイスキー」の語源。
聞いた話によると、これはもともと「生命(いのち)の水」という言葉から来ていると。
ラテン語で「生命の水」を意味する「Aqua Viate(アクア・ヴィテ)」
これが、ゲール語(?だったかな?) だと 、「ウシュク・ベーハー」
で、○○○語(忘れた)だと「ウィスゲ・ヴェアラ」だったとか。
まぁよくありがちですが、これが派生してなまって「ウイスキー」になったそうな。
へー。知らんやった。
同じ内容で検索をかけてみると、やはり似たような話がいくつか掲載されていた。
まぁ今でこそこういう雑学っちゅうのはネットで、すいすい調べられますが
こういう往年の方々の頭脳の中にしまいこまれている、さまざまな博学というものは
すべて経験と読書で得られている知識でして、僕らのようは浅薄なものではない。
だから。
話にもものすごい重みがあり、力があります。
他にもいろいろ聴いたんだけど、忘れた。
思い出したら、また載せようっと。


ちなみに、
ウイスキーといえば、やはりスコッチ。
スコッチっちゅうのは、本当にうまい。
いつか行ってみたいもんだ。スコットランドへ。
間違ってもスロットランドではない。

  • LINEで送る

コメント

  1. webmaster より:

     「命の水」だから飲んで活力にしているんだよね。
     常にそれを言い訳に杯を傾けています。
     そういう飲み会はいいね。そんな機会に恵まれたいものです。

コメントを残す

*