腕だめし

  • LINEで送る

ということで、また沖縄へ来た。
2006.06kokusai.jpg
毎度毎度思うのだが、「ちゅらの会」に入り三線を学びだしてからというもの
主宰のフジイさんのおかげで、マジでディープかつ本質を捉えた沖縄を
学ぶことができている。
その本質の最たるものが三線ではないか?と思うわけです。
楽器としては単純ですが、歌とあわせて初めて成立する三線の世界は
そうそう生易しいものではございません。
古典を学べばさらにすごいことになるでしょうが、
あくまで趣味として捉えている僕には、今のところそこまでの余裕はない。
で、沖縄に着いた日の夜に那覇市内にある「さしみん」という居酒屋へ。
2006.06sanshin08.jpg
小アガリの座敷には既に師匠がいた。
「ようこそ、ようこそ」と握手。早速乾杯。少々緊張気味。
ついついひたすら飲んでしまった。
2006.06sanshin01.jpg
なぜ緊張するか?そらもちろん、練習していないから。
ということで、早速弾いてみる。♪芭蕉布(ばしょうふう)
2006.06sanshin02.jpg
この歌、結構難しい。リズムはワルツ。声も高い。しかもできることなら
コブシを効かせたい。でもそうするとドシロウトの僕には弾く方の手が
ずれることも。
2006.06sanshin03.jpg
やっぱり数箇所間違える。うーん。うーん。連度を上げなければ・・・。
師匠の宮城先生は
「語るように、奏でるように、弾かないとね」と。
2006.06sanshin04.jpg
師匠の歌は間違いなく「語って」いた。この差は何だろう????
ということで、益々精進を誓った夜だったとです。


それにしても。
2006.06sanshin05.jpg
今回参加したメンバーはみんな三線を弾ける人ばかり。
2006.06sanshin06.jpg
店には三線自体が6つばかりあった。
全員で安里屋ユンタを弾いたときには、店にいた他の客が驚いていた。
2006.06sanshin07.jpg
なんのことない、僕が一番びっくりしていた。
全員で弾くと結構インパクトあるなぁ。と。
また課題ができたなぁ。

  • LINEで送る

コメントを残す

*