僕のビジネス論

解説|経営の学び方

  • LINEで送る

先日、恩師の縁でNTVPの村口代表を囲む飲み会に参加することができました。

↓このような方です。。
日本テクノロジーベンチャーパートナーズ(NTVP)
代表取締役キャピタリスト 村口和孝

非常に情熱的な方で、語り口ひとつひとつに感銘を受けてしまった。

その中で出てきた面白い事例。

東京・文京区にある郁文館夢学園の学園祭で面白い取り組みがある。と。

学園祭で商売をする。
その商売のB/S P/Lを作る。法人税の支払を見立て義捐金等に40%支払う。
株主総会をする。そして…分配する。。。。というリアルケースだそうな。すげー。

 

ちまたの大学での学園祭でも
実際に模擬店出して商売するのに、どの程度の利益率で商売を
しているのかなんか、きわめてあいまいなもんだ。
下手したら赤字じゃないか?

通常は働く人間の人件費なんか加味しないから、純粋に収益ベースで
赤黒を判断しているはずだから、当然かもしんない。

 

村口代表曰く
「彼ら(高校生たち)は極めて責任感を持ってこのミッションに取り組む」
そらそうだ。業績が一覧で財務諸表の形で出て、株主総会を経るんだから
ヘタを打てない。
僕が思うに、高校の頃にこのような実体験を行うと…

いわゆる小銭稼ぎのアルバイトをただ漫然としなくなるだろうな、
と思うわけです。

なんのためにお金が必要か?
それ以上に体験やノウハウが必要か?
誰に対する責任で仕事を行うのか?
どのような帰着点が仕事を行う上で喜ばしいのか?

なーんてことを意識できるようになるからです。
会社の作り方や経営の仕方は、数ある座学で学ぶのも重要ですが
それ以上にこのようなケースを経ることがいかに大切か?
改めて考えさせられました。そして自分の子どもにはどう教えるか?
ちょっと考えています。

  • LINEで送る

コメントを残す

*