辞めた人数

  • LINEで送る

先日、以前勤めていた会社の関連会社で働いていた
某氏と会ってしばし談笑した。

彼は技術系のスペシャリストで、福岡でも屈指の存在だ。

彼は、技術屋という面からテレビの現状を憂い
組織の現状を憂い、なんとか組織を変えようと
奔走していた。

でも、ダメだった。
組織はますます自分だけを守ろうとし、利己的になった。
彼が会社を辞めようとしたとき、会社が彼に言った言葉は
「もうしばらく待ってくれ」だと。

「待ってくれ」だった。
「辞めないでくれ」ではない。

最後の最後まで、その場しのぎの回答をしたそうだ。

ひどい話だ。

彼は現在、独立して仕事をしている。
元来スペシャリストである彼のことだから、仕事はまだまだ増えそうだ。

なんせ、それだけの技術屋は福岡にはそうそういないのだから。

他社へ行くと、僕らがいた会社の話で、どこも持ちきりになる。
ここ数年の本社・関連会社から離れた人間の数がハンパではない。
尋常ではない、という話。
それもほとんどが、20歳代~30歳代の現場第一線で活躍していた
男女が、次々と辞めている。

この12月をもってさらに2人辞めるそうだ。
ますます管理職の割合が相対的に増える。

ますます現場の仕事ができない人が相対的に増える。

実際に小さいながらも経営という視点で仕事をすると
ほんとうによくわかるのが…、
「IT・システムの発達で、必要なくなるのは『管理職』である」ということ。

管理職のハンコがなくても、決済は簡単にできるようになる。
受発注も簡単になる。連絡も情報共有も簡単になる。

そんな時代になり、どの企業も同じ方向にベクトルを向けているのに
真逆を向く企業もなかにはある…ということを、先日話したのでした。

悲しいかな、前の会社を離れて半年も経つと
あまり気にならなくなる。現状も行く末も。

なんせ自分のことで精一杯だし、自分のことの方が
死ぬほど楽しいから。

2007年は激動の年だった。自分にとっても、周りにとっても。
来年がどうなるのか?自分のことは死ぬほど気になる。
というか、どう操り、どう変えるのか?

それを日々悩んでいるだけだけど。

  • LINEで送る

コメントを残す

*