リーマンショック談義|円高・・・ なのに

  • LINEで送る

昨日は、タイ・ベトナム それぞれの旅行関係に携わる方がホスピタブルへ来られました。

そこで聞いた話に唖然としたのですが。
「円高になったにも関わらず、旅行客が減った」と。

ちなみに旅行客はインバウンドではありません、アウトバウンド…つまり日本人の海外旅行客です。

ご承知の通り円高になれば海外旅行はしやすくなります。にもかかわらず、度重なる不況宣伝のせいで消費そのもののが冷え込み
旅行客も閑散としているそうです。

消費者の消費性向は、とりわけ日本人の場合、メディアの喧伝や周りの人々の会話の内容に左右されがちです。しかし国内消費が活性化しないと日本の景気回復はまず見込めません。他方で不景気を情報で煽られても、そこに生産性は何もないわけでして。。結局は一人ひとり、会社1社1社の絶え間ない努力によって実体経済は回復するというのは歴史が証明しています。

こういうふさぎこんでしまうようなときこそ、考えるべきことは多数あります。今、わが社では、そのような人が見落としている情報を多数保有しています。使える時期は今かもしれませんし、1年後かもしれませんが。。

  • LINEで送る

コメントを残す

*