僕のビジネス論

あしたのジョー

  • LINEで送る

最近の週刊現代。なんとなくページ数が減った感じがする。広告売れてないのかなぁ? で、さらに気づくのが「漫画が増えた」こと。実に3本。本当に週刊誌か? しかも驚くこと。そのうちの1本は、かの名作「あしたのジョー」がそのまんま載っていることです。知ってました?

恐らくその辺のターゲットをもう一度、呼び込もうということでしょう。なーにを今更。と思いつつも読んでしまうのが漫画のパワーでしょうか?今週。立ち読みしてると・・・有名なシーンが。

「あしたのために その1 ジャブ」

この1文を読んだ瞬間に「えぐりこむようにして、打つべし」と言えた人は、立派なジョー ヲタクでしょう。

僕はあしたのジョーで最も好きなシーンが実は、この辺だったりします。ちばてつやのスポーツモノって、必ず有名な文句が生まれてますよね。「打つべし」やら「チャーシューメーン!」やら。ちなみに、ちば先生はスポーツが苦手だったそうです。今は野球が大好きだそうですが。。。

このご時世で、しかもこのような僕の状況下で改めてあしたのジョーを読むと、「立て~立つんだ~」とか、自分自身に言い聞かせたくなるもんです。意外と週刊現代の戦略に僕はハマっているかもしれまへんがな(笑)

  • LINEで送る

コメントを残す

*