僕のビジネス論

就職対策|エントリーシートの書き方

  • LINEで送る

2010_02_06.jpg
世の大学生3~4年生の皆さま、お疲れ様です。このブログを検索して見ている人は、おそらくさまざまな企業のエントリーシートと格闘しているころでしょう。

誰もがみな、一度は「エントリーシート_書き方」などと検索したことがあるでしょうね。先ほどググってみたら15万件と現れました。まぁどれもこれも似たり寄ったりの話が書かれています。当社(アジアフューチャー株式会社)のwebサイトにも、似た検索キーワードでアクセスして来ることが1年を通じてあります。せっかく訪れた人に、キツイ言い方ですが安直で非常にレベルの低さが露呈しています。恐らくこのブログを読んでも、上手にESを書ける人はいないと思いますが。必勝法を書いてるわけではないので。ただ下にヒントを記載します。長年、大学生に就職活動の指導をしてきたから言えるのですがやはり数年前よりも最近の方が、エントリーシートを上手に書ける人が減ってきているように思います。どの学生も自分のエントリーシートがしっかりと読まれると思い込んだ内容がほとんどです。

想像してみたらわかると思いますが。仮に送った会社にESが5000通集まったとして。そのESを読む人事部の人って何人いるんでしょうか?

せいぜい5人じゃないですか?1人あたり1000通。1週間以内に結果を出さないといけないとして。。。営業日は5日。1日8時間ありますが、1時間は休憩、1時間はトイレやら他のことで使ったとして、せいぜい6時間。

6時間×5日=30時間 しかないわけです。

30時間=1800分 → 1800分:1000通=□分:1通

□=1.8分 ですね。

あなたは2分弱でインパクトを与えるESを果たして書いていますか?こんなことを言うと、必ず皆言います。「どうやって書けばいいんですか?!」2分弱の斜め読みに耐えられる内容にすりゃいいんですよ。テクニカルなことを1つだけ言えば「結論から書く」ということです。

  • LINEで送る

コメントを残す

*