シマの「にーびち」

  • LINEで送る

大学時代の友人からのお誘いで、このたび沖縄の結婚式に参席する運びとなりました。
おりしも台風14号が接近中なこの時期。「いっそのこと直撃してくれりゃ、帰りが遅れて遊べるなぁ」
と、不謹慎な願いを抱きながら臨んだのでした。
さて、その開始時間たるや昨夜18:30より。夕方からかよ。そこからまずなんとなく違いを感じた。
18:30になるまで時間をつぶそうとホテルのロビーでビールを飲んでおりました。
で、おもむろに18:20に会場へ赴くと・・・
2005.09kaijo.jpg
なんかざわついている。っていうか、みんな会場におる。しかも酒飲んでる?!?!なんで?
沖縄の披露宴は、まずもって客が中で酒飲んでていいそうな。知らんかった。
もっと早く来て、ここで酒飲んでりゃよかった。。。。
それにしても、この人数、ハンパじゃねーよな。いったい何人いるさ?
受付のねーちゃんに尋ねると。。。。
「そうねぇ。400人くらいかな?」
「400!!  なんちや?!」
驚いたのは当然。福岡のIMSホールを満杯にするだけの人数が
式場にいるとは、ぶったまげた。ちなみに受付のねーちゃんは「いつもよりも、ちょっと多い」と
言っていた。通常は300人~320人が普通だとか。。。。
2005.09message.jpg
そんな式の席に置いてあったのは、新婦みぽりんの手書きのメッセージ。
「オーソドックスな沖縄の披露宴」そう書いてあった。目の前の現状はオーソドックスなのである。
MCのコメントが遠くから聞こえてくる。どうやら始まったらしい。っていうか、周りが飲んで騒いでるから
始まったどうかもよくわからんのですよ。
そんな折、MCの口から信じられない言葉が出てきたのです。
「プログラム1番」
「プログラム制」なんだ。手元の式次第に目をやると「プログラム17」まで刻んであった。
2005.09program.jpg
これは間違いなく3時間コースやな。ちなみに手元に「席次表」なるものはない。
となりの人間がどこの誰か、全くわからんのですが、盛り上がっているのでどうでもいい。
2005.09kagiyadefu.jpg
プログラム2 かぎやで風(ふう)
これは沖縄の結婚式では、超定番の踊りで、一度見てみたかっただけに、見入ってしまった。
始まりは「かぎやで風」、〆は「カチャーシー」というそうですから。
扇子を片手にしずしずと踊る琉球舞踊の古典だそうでして、親戚の女性2人が踊ってました。
始まって30分。
プログラム 松「乾杯」
BGMはBEGINの「オジー自慢のオリオンビール」。
やはり最近のシマではすっかりこの曲は定番のようですな。「あっり、乾~杯!」ってな感じで。
さて、その後何がおこったか、いちいち書くのも面倒なので、写真にてご紹介。
program05.jpg
プログラム5 余興「民謡」
program06.jpg
プログラム6 余興「島養コント」
program07.jpg
プログラム7 余興「マツケンサンバ」
ふー、小休止。トイレに行く。すでにビールと泡盛(シマ)を数杯。やばい。
ふと、控え室に目をやると。。。
yokyohikae.jpg
「余興出演者控室」なるものを発見。結婚式場で余興をする人間のための控室を生まれて初めて見た。
だいたい、この余興の写真を見て驚く人もいると思うが、式場のつくりは高砂の向こう正面に
立派なステージが作られている。本土のような台上げしたチンケなものではなく、
学校の講堂なみの立派なもの。その舞台で次から次に余興が行われるのです。
もちろん毎回「緞帳」の上げ下げがあります。すげー。。。。。
program-ume.jpg
プログラム梅 余興「宮養オールスターズ」
勘のイイ人ならおわかりでしょうが、4,9,14という縁起の悪い数字はすべて松竹梅で置き換え。
つまり14番目の余興ってわけですよ。。。
まぁこれだけ余興を見てて思うのは、もはや新郎・新婦がどうちゃらこうちゃらということよりも
彼らのために、「よっしゃ!」と芸を披露しようとする親戚や職場の友人のメンバーの気合や
気持ちの深さを感じてしまったのです。
日ごろから芸を披露する場がある沖縄の人々。歌や演劇がうまいのもうなずける話。
逆に何もせずに片隅で座っていた我々福岡のメンバーは少々肩身が狭い気持ちにすらなった。
いざ、やれ!といわれたらどんな芸ができるかな?まさか沖縄の人の前で三線は披露できんし。
そして最後はカチャーシー
総踊りですな。自分も踊っているので当然写真はない。
僕はしかも友達の子どもを抱きかかえて一緒に踊ったので、酔いも手伝ってフラフラ。。。
。。。。
とまぁ、こんな感じで気付いたら22:00前だったかな。
ようやっと終了か。。。。と思うと、お見送りはなんと。。。。。
2005.09final.jpg
全員でアーチが完成。2次会のノリがそのまま披露宴から、ぶっ放されているのですよ。
いやいや、本当に肩肘の張らないこの披露宴を堪能することができました。
僕からはとても「オーソドックス」とは言えないけどねぇ。
2005.092s.jpg
とにかく比嘉達男さん 美保さん にーびち おめでとう!


ちなみに。
席のつくりや料理にも驚きを隠せなかった。
2005.09table.jpg
席は円卓ですが、いわゆる中華風の真ん中がぐるぐる回るタイプね。
一人ひとりへのサーブというものはないわけです。
まぁこれだけ人が入れ替わり立ち替わりじゃね、落ち着いてコースを食べるという雰囲気じゃないし。
すべてが新鮮で面白い。
ちなみにこのホテルはJALのグランドキャッスル。
JALの色より沖縄の色ありきで演出されているのが、うれしいところです。

  • LINEで送る

コメント

  1. にょろ より:

    面白いですね~~~。
    やっぱりぜひ沖縄には一度は!必ずしも一度は!
    足を運んでおくべきだなぁ、と思いました。この「オーソドックス」がずっとずっと後世に伝わっていって欲しい、と思います。

  2. にょろ より:

    どうぞ無事に帰ってきてください★

  3. we より:

     行きたかったなあ。おれも。
     ホント。。。楽しそうだ。。。
     無理やりいっときゃよかった_| ̄|○

コメントを残す

*