MARKETING BLOG

令和に入った、2019年 対馬最新事情

  • LINEで送る

名前と場所くらいは正確に知ってほしい。対馬はどこだ?

まずはこの写真をご覧ください。対馬の北にある「韓国展望台」から釜山の広安里を撮影した写真です。手前は海栗島(うにじま)の航空自衛隊の基地です。

鰐浦の韓国展望台から撮影した釜山の花火大会の様子 手前は航空自衛隊のレーダー基地

釜山から直線距離でおよそ40km。対岸がお互いに見える国境の島が対馬(つしま)です。よく津島などと誤記載する方がいますが、対馬とは、朝鮮半島から沖に見える島が2頭の馬に見えることから対馬と名付けられています。韓国語では対馬島(テマド)と呼びます。この距離感のリアル、理解できますか?これが対馬なのです。

徹底解剖 対馬とは 一体どんな場所なのだろうか?

対馬とはどんな場所なのか??何が話題なのか?

まずは地図を見て位置関係を確認してください。真ん中の長細い島が対馬です。

【対馬ざっくりデータ】

  • 広さ:東京23区とほぼ同じ 沖縄本島>佐渡島>奄美大島>対馬
  • 南北:直線でほぼ100km 車で移動するなら2時間は覚悟 ほぼ山道とトンネル
  • 海岸:97%がリアス式海岸の断崖絶壁 3%が砂浜(海岸線一周は、なんと1,000km!)
  • 人口:3万人(うち65歳以上のお年寄りが1万人も また自衛隊員が多数在住)
  • 距離:福岡からですら140km離れています 釜山からは40kmと近い でも長崎県

という有人国境離島ですが、この島へ2018年に訪問した韓国人客は40万人。来訪者は全員釜山から船舶でやってきます。渡航費用は1泊2日であっても13,000円~ 程度で販売されています。

韓国人来訪者数は、ずっと右肩上がりで26万(2016年)→36万(2017年)→40万(2018年)と増え続けています。他方で日本人の旅客は非常に少なく、差は広がる一方です。

対馬を訪問する韓国人はなぜ増え続けるのか?

韓国第二の都市、釜山とその周辺には500万人の人口を抱えており、日頃から繁華街もにぎわう一大都市です。そのすぐ近所にはテグ、ウルサンなどの産業都市もあり、周辺地域を含めれば1,000万人近い人口を抱えています。集積都市に住む彼らが求めるレジャーってどこで何をするのか?釜山やウルサン、浦項などの都市からは周辺の小島へ周遊する船は出ています。しかしながら、そこに行くメリットが無いのです。なぜなら、そこは「単なる田舎」でしかないから。その田舎にあるもののほとんどは、釜山にもテグにも存在するのです。であれば、行く意味がないわけです。

ところが釜山の対岸に目をやると、そこに浮かぶ対馬。そこは対馬である「前に」日本なのです。日本には韓国にないもの、釜山にないものが山のように存在します。毎年来訪する韓国人は自分の街にないものを求めて対馬を訪問しています。理由はとてもシンプルなのです。

少しのお金さえ出して、高速船に乗れば、そこは日本。1時間で到着です。おいしい生ビールを安く飲めます。大好きなサントリーほろよいは、韓国だと1本

 

有料記事を見るには会員登録と定期購読の決済が必要です。
登録は下記よりお願いします。
  • LINEで送る

コメントを残す

*