MARKETING BLOG

訪日韓国人がなぜ増え続けるのかを調べている人が読むブログ

  • LINEで送る

先日、とある超有名な公的機関の主査の方がご来社

ご来社の目的は、国内の景気動向を調査しており、その方のご担務が、九州・沖縄地域の景気調査ということでした。その観点から管轄地の企業の方々へインタビューを繰り返す中、特に、福岡でインバウンド観光客が増加し、その存在感が高まっているため、「当社からみた最近のインバウンドの動向や特徴点」について、インタビューしたいということでした。

韓国人の観光客が何を目的に日本に来ているのか?

そこで何を尋ねられたいのか?という質問に対し、主にこの4点がどこでどう探っても、理由が分らないということでしたので、他の方々も同様にお知りになりたいポイントであると想定し、この4点を解説してみたいと思います。ただし、この話。別に福岡に限った話ではありません。おおよそ来訪者数が伸びている主要都市に当てはまりますので、ここをまとめて解説します。

継続する来訪の根本的な理由を知りたい。。。

答え:生活の一部です。一生涯の思い出作りでもなんでもありません。そもそもソウル⇔釜山の距離は400km程度です。東京~名古屋程度の距離しかないのです。ソウル⇔福岡 は 500kmです。この距離感で自分たちの日ごろの生活と異なる環境を味わうことができるわけです。さらに。ソウルから半径1,000kmで円を描きましょう。

ソウルから見た半径1,000kmの円

韓国人の若者は中国が嫌いです。個人旅行で行く気がありません。そして国内旅行もあまり選択肢に抽出しない傾向にあります。実は韓国は国土がせまく、人口に著しい偏りがあるので、ソウルに住む人は韓国国内の地方都市へ行くことも避けます。すべてが自分の街に揃っているのに、なぜわざわざ地方都市へ旅をせねばならんのか?という根本的な疑問が湧くのです。このように韓国には、日本と比較すると明らかに国内旅行という文化が乏しく、それゆえに内需が活性化する図式がないのです。

そうなると、半径1,000km以内のエリアで、航空機を用いて1時間から1時間半程度で遊びに行ける気軽な場所で、かつ消費者が喜んでお金を使いたくなるところって、わが国しかないのですよ。魅力的で初心者で楽しめる街は、大阪と福岡ということになります。

なぜ他都市ではなく福岡(または、各都市)ピンポイントなのか?

じゃあなぜ福岡なのか?あるいは、なぜ各都市へ行くのか?それは目的が明確で、その目的に基づいてnaverで検索をたたき、出てきたブログ情報が指定する地域、エリアが必然的に目的地と化すわけです。

来訪前から買う物、行く場所はすべて決まっている

以前、福岡の某もつ鍋屋であった韓国人の女性たちに、こう尋ねました。
「検索キーワードに何を入れて、このお店に来たの?」
「『もつ鍋 _ 元祖』です」
「それで、このお店に来たのね。福岡は初めて?」
「いえ、日本旅行が今回初めてです。」

(@_@) これには驚きました。

しかし、これが普通です。たこ焼きなら大阪を選び、cafeなら代官山を選び、海なら沖縄を選び、コスパ飲みなら小倉を選び、日帰りなら対馬を選ぶのです。検索キーワードに地名を目的地として入れる方もいれば、目的地を結果としてとらえる人もいます。この双方をどのようにハンドリングしてマーケティング戦略を立てるかが重要です。昨今の福岡を選ぶお客様は、近さやホテルの空きという旅程に伴う理由もあれば、馴染みやリピートなど、「慣れ」に基づく人まで様々となってきました。

来訪者が増加し続ける傾向の背景って何でしょうか?

それは、下の図である程度、表現ができていると思います。

有料記事を見るには会員登録と定期購読の決済が必要です。
登録は下記よりお願いします。

コメントを残す

*