MARKETING BLOG

2019年大阪市内への訪日韓国人が減った理由

  • LINEで送る

まずどの程度減っているのか?現状を確認します

2019年になり、一部の飲食店・小売店・行政の方々から「最近、大阪市内での韓国人客が減ったような気がする」という声を聴くようになりました。大阪市内への来訪者数は確実に減りました。理由を明らかにできる範囲内でピックアップしてみたいと思います。アジアフューチャーがお付き合いのある某大手旅行社の速報値を集計すると、2015年~18年で4年連続の増加だったのが、2019年は現在まで前年比で20%減少しています。JNTOでは昨年の地震や台風などの自然災害を抽出しているようですが、過去10年において大きな自然災害が直接的な渡航自粛と相関関係が出るほどの減少になったケースはあまりありません(東日本大震災は、震災ではなく「原発事故」が渡航自粛に相関しています)。現に2016年の湯布院・熊本の地震時は、個人客は3週間で現状レベルまで復活しておりますので。

端的に言うと受入側の「嘘」と「慢心」が招いた「飽き」が原因

「勝手に来ている」「単価が安い」などの慢心が露呈

まずは国も大阪のエリアの方も「韓国人は何もしなくても来ている」という慢心が表に出ています。厳しい言い方ですが初回来訪者が多い大阪の立地に胡坐をかいてしまった事例をいくつか見ております。その結果として最もわかりやすいのが「リピーター造成につながっていない」ことが挙げられます。「次は行きたくない」という声が出る理由は、「他地区の方が魅力がある」「その魅力とは「稀有さ」にある」ということです。つまり右も左も韓国人・中国人ばかりとなると、海外に行った気持ちになりにくくなります。しかもその町中に自身が常連として訪問したくなるような継続的な人間関係を構築できるお店作りをできていないことも弱点となっています。一見客に高く売るという行為が長く続きすぎています。

しかも最近よく聞くのは「韓国人客は単価が安いからターゲットにしたくない」という声です。これは明らかなミスジャッジで失礼な話です。客単価が安いということは「資力が少ない」のではなく「あなたの店への評価が低い」だけです。客単価とはあなたのお店・商品に対する評価点そのものです。低いのを客のせいにするとは、勘違い甚だしいです。その声はすかさず顧客へ伝わります。あなたのお店、あなたの街でお金を使っていないだけです。だから飽きが出始めているのです。

参考 訪日韓国人の客単価に関する詳細情報 単価は全く低くない

キュレーションブロガーによる、嘘の情報の蔓延


特に大阪と福岡に増えている事例ですが、一部のキュレーションブロガーによる景品表示法違反のブログ掲載を促す業者が蔓延したことにより、嘘の情報がハングルで今も出ている実情があります。これに伴いNAVER社がも検索のアルゴリズムを厳格にして、これらのキュレーションブログを検索から除外する施策をとっておりますが、それでもキュレーションが後を絶たない状態が大阪では続いています。最悪の場合いまはNAVER社が「大阪 グルメ」などの大きな検索キーワードの検索結果自体の露出を減らす可能性もあります。そうなると日本旅行の情報発信において不誠実な情報だけでなく、正しく誠実な情報も併せてインプレッションから除外されることとなり、大阪の来訪者数および消費経済に大きな打撃をもたらすこととなります。

しかも検索をする韓国人旅行客自身は、メディアリテラシーが高い方が多いので、これらの嘘ブログを見抜きます。検索の上位に上がるものをストレートに信じません。だから検索をNAVERだけではなく

 

有料記事を見るには会員登録と定期購読の決済が必要です。
登録は下記よりお願いします。
  • LINEで送る

コメントを残す

*