MARKETING BLOG

クレカしか持たない韓国人客が現金専用飲食店に来た時の神対応

  • LINEで送る

博多では非常に有名なうなぎ屋さん「博多名代 吉塚うなぎ屋」 筆者は前職の仕事でも、その昔、2001年に取材で訪れたこともあります。宮崎にある一流の養鰻場で作られたうなぎだけを用いていつもお食事を提供しているという、絶品のウナギを提供する老舗というネタで、放送をしたことがあります。それ以来のお付き合いです。

 

 

さてその吉塚うなぎ屋さんにおかれましては、まだインバウンド全盛期でもない2012年頃にいろいろと力を入れてプロモーションをおっこなって顧客を集めた甲斐もありまして、現在は、福岡の中でもインバウンド集客で大成功していらっしゃるお店の1つです。アジアフューチャー株式会社においては、それ以降、集客のお仕事を長く携わっておりました。ということもあって、都度都度、会長とお話する機会があります。

 

そんなある日。そこで伺ったエピソードです。飲食業において、クレジットカードの手数料というものは、利益率を減らす
かなりやっかいな代物。吉塚うなぎでは、いまだに「現金」のみです。

「もしもお金を持っていない人(クレジットカードを持ってきた人)が来たら?」
という質問をすると。。

「あるある。たまに。どげんすると思うや(どのようにすると思いますか)?」と逆に尋ねられました。当然、筆者においては全く対応策が思いつかず、言葉に詰まります。「全くわかりません」と答えて、その対処法を尋ねると。。。。

「振込用紙ば 渡すったい。」

Σ(・□・;)なんと個人に、掛け払いを認めて、後日の入金を待つそうです。やり取りを忠実に伺いますと、その出来事は

こんな感じだったそうです(何度かあった実例)

 

とある日の話。

レジの店員さん
「韓国から来た大学生くらいの女性ですが、またカードしか持っていないと…」(レジの担当者さんから内線電話)

徳安会長 「おう、いつもんごとしときやい」
レジの店員さん 「え?日本人じゃないんですよ…」

徳安会長 「いつもと同じんごと、振込用紙ば渡しときない…」

レジの店員さん 「…えっ?!?!」

徳安会長 「あとね、まかり間違っても、パスポートのコピーやら取りやんなよ(博多弁:パスポートのコピーなどを、取ってはいけませんよ)!

ということで、その韓国人の女性に振込用紙だけ渡してその場を帰らせたそうです。そして入金は3日後にあったとか。。

 

イメージ

会長曰く、
「たとえ掛倒れになっても、年間7%のカード手数料よりかなり安いしリスクも低かろう…」という考えだとか。基本的に外国人観光客を受け入れるのに、重要なことの1つには結局のところ「相手を信頼すること」って含まれますね。

今でもたまにクレジットカードを持っていないお客様が来られるそうです。クレジットカードを導入するメリットは

①現金客だけでない、クレジットカードで払いたい顧客を獲得できる

②クレジットカード会社の持つネットワークで新たな集客ができる

③オペレーションが楽になる

この3つですね。しかし吉塚うなぎ屋さんのように「既に知名度があり」「顧客が目的買いする典型店舗であり」「売上高も高く、顧客層もよい」のであれば、導入するメリットはほとんどありませんよね。自社で完成しているので。ご商売の根底に顧客との信頼関係を築いておられることが、何よりも素晴らしい成功事例だなと感じる次第です。

 

最後に会長はこう言いました。

「俺、思うっちゃんねー。その子、韓国に帰って絶対うわさをしよるはず。

『日本でツケが効いたぜ!』ってね。」

 

 

 

 

 

【関連したブログをさらに読む】 ~詳しいことはお問い合わせ下さい~

(オペレーション論)
インバウンドで、売上が上がる実績を調べた時に読むブログ
飲食店における韓国人旅行客への対応
クレカしか持たない韓国人客が現金専用飲食店に来た時の対応例
中途半端な外国語での接客・応対はリスクを伴う 
インバウンド客向けに店頭POPを作る時のよくある勘違い
インバウンド客向けに指先会話帳は本当に必要か?

(施策論)
なぜ、ドン・キホーテはインバウンド事業で独り勝ちなのか?
インバウンドならインフルエンサーがどうのこうのと聞いたときに読むブログ
訪日韓国人へのパチンコ広告の方法
韓国人パワーブロガー招聘施策のリスクを考える
韓国人パワーブロガーを招聘する企業の注意点
韓国人パワーブロガーが再度来日。熊本へ・・
日本の韓国語サイトに対する、韓国人の本音
福岡で韓国人観光客を対象としたイベントやってます
パワーブロガー呼んで効果出るのか?と訝しい時に読むブログ

(戦略論)
韓国で日本食のパクリが多いと聞いた時に読むブログ
飲食店の韓国進出とインバウンドマーケティングの重要な関係
プロダクトアウトの概念を捨てないと観光PRは失敗する
3C分析の競合分析が超甘い傾向にあるインバウンド事業

(市場論)
なぜ今韓国人観光客なのか、データで見る韓国人観光客誘致のメリット
訪日韓国人がなぜ増え続けるのかを調べている人が読むブログ
ソウルの人から見た、韓国の各地区に住む人の性格の傾向
数字を使ったニュースの捉え方
福岡空港からソウルへ行く途中でできる客層解析
ソウルの物価は102位から20位に上昇?韓国
韓国のアダルトサイト規制と日本経済との関係がまぁ分かるブログ

(実績論)
【日本経済新聞】九州観光サイト 韓国語対応落第って話題
【北海道新聞】福島原発事故に関する韓国人の誤解調査
【佐賀新聞】韓国人パワーブロガーの伊万里招聘が掲載
【西日本新聞】韓国人はなぜ福岡でハンバーグ店に行列を為すようになったのか?(1)
【日本経済新聞】韓国人旅行客に日本でポイントを貯めさせる日が来た
【月刊食堂8月号】インバウンド獲得の近道(韓国)
【日経MJ】韓国特化型のインバウンドマーケティング事業

(営業論)
解説|営業のノウハウ その0(もがいている頃)
解説|営業のノウハウ その1
解説|営業のノウハウ その2
解説|営業のノウハウ その3

(具体的な事例紹介と施策案内)
訪日韓国人集客ソリューション ADDONES(アドワンズ)

  • LINEで送る

コメントを残す

*