これって背任?

  • LINEで送る

仕事をしていると、ありがたいことに知った人間から
広告の依頼を受けることがございます。
きょうも、とある人から依頼を受けました。
切羽詰った依頼だった。
「週末にウェディング系のイベントをするのですが」
「はいはい」
「人がぜんぜん集まってないので、告知したいんです」
「へー。で、ターゲットは何歳くらいかいな?」
「20歳~30歳台の女性ってとこでしょうか?」
思わず考えた。
僕が扱うAMラジオ。
相手が考えるターゲットが聴いている可能性は薄い。
本当だったらテレビで告知ができりゃいいとこですけど。
さすがにそんな予算はないそうな。
うーーーーーん。。。。。
しばらく考えた末。。。。
「FMに出稿したら?」と言ってしまった。
しかも
知り合いの、FM局の営業マンを紹介してしまった。
これって、自社の売り上げを他局に渡す行為。。。。。
うーん、背任みたいなもんかなぁ。


とは言ってもですね。
やっぱり「媒体特性」とか「媒体価値」っちゅうもんはある。
ウチのとある番組内でも結婚ネタはやっている。
まともに聴いたことはあまりない。
で、その企画は「内輪ウケ」であり、聴いてる年代や層には
全くマッチしていない。当然リアクションもない。
リアクションとは、番組のファンからのリアクションではなく
新規リスナーや、従来以外のターゲットにあたる年齢・性別の人の
リアクションのこと。
そんなダメな企画にぶち込むくらいなら、本当に相手にとって効果のある媒体を
教えたほうが、みんな幸せ。
別にウチは損したわけでもないし(という無責任な言い方)。
僕はいつもこんな考えで仕事をしています。はいはい。。。。

  • LINEで送る

コメント

  1. おーくぼん より:

    うひゃひゃひゃ。
    チミ正直過ぎ

  2. なぞのコンサルタント より:

    背任行為だ。会社にとってはね。
    お客様第一主義であれば、この行動は正解。
    会社として何を第一として考えているのかが大切。
    ちなみにこのような会社からは依頼を受けても良かったんじゃないかな?
    なぜか?このよな行き当たりばったりじゃ、たぶん反響があったかどうかの検証もしないような気がして・・・

コメントを残す

*